工場での仕分けのバイトは楽で体も鍛えられる

楽な仕事工場仕分け

執筆者 男性

工場での仕分けのバイトは楽でした。私がそのバイトをしていたのは、
今から10年以上前であり、18歳から22歳の時の大学生の時に行っていました。

時給は1000円であり、田舎の方に住んでいるので、
割と高い時給でした。

【仕事内容】

仕事内容としては、ベルトコンベアで流れてくる荷物を、

ボックスと言われるカゴ車みたいなものに、番号別に積んでいくだけです。

特に頭を使うわけではなく、単に積んでいくだけなので
誰でも出来て、楽に働ける仕事でした。しかも、休憩時間も長く、

タバコも吸い放題だったので、天国のようなバイトでした。

 

悪かったかといえば、重い荷物もあるので
、肉体的にはきついといえばきついです。

春は参考書や教科書類、秋はお米など重い荷物がたくさんあるので、

嫌な人にとってはとても嫌かもしれません。しかし、
私は体を鍛えたかったので、重い荷物はむしろ大歓迎であり、

さらに頭を使わなくて良いので、体を鍛えるという目的を持ち、

尚且つバイト代まで稼げるという素晴らしい職場だと思いました。そんなお陰で、
体はムキムキ筋肉質となり、女の人からもモテるような体型となりました。

私は学生の時にこのバイトを行なったこともあり、将来は物流と考えていましたが、

結局は食品製造の仕事に就きました。しかし、製造を行って5年後、

食品の物流関係で人手が足りなくなり、物流管理に移動となりました。

私は物流関係で仕事がしたかったので、とても嬉しく、物流管理ながら、

忙しい時は仕分けをしたり、荷物を積んだりと、
体を動かす仕事を行えているので、あのバイトの日々も今に繋がっているような気がしています。

仕事は体を使って、疲れを感じることが何より大切であり、
頭を使わず楽な物流関係の仕事が大好きです。楽してお金が貰えて、

体を鍛えたいという方は、工場で仕分けのアルバイトをすべきです。

嫌でも筋肉はつきますし、頭を使わなくて良いのでとても良い仕事です。

私は今みた物流の仕事をすることが出来て、とても嬉しく、楽で楽しく、

体も鍛えられていますので、とても感謝しております。
仕事はいかに楽に働いてお金を貰えて、

さらに体を鍛えるなどの付加価値をつければ、

とても楽で楽しい仕事ができるでしょう。

つまりは目的を持ち、働くことにより、

どんな仕事をしてもとても楽に感じることができるでしょう。

私も今や子供を持つ父親ですが、

工場の仕分けのバイトは
人生においてとても大切なことだったと思います。